志望動機はガッチリと固めよう

看護師の転職でも、一般の転職同様、「面接」が重要になります。

「面接」がうまくいかない限りは、絶対に内定をゲットすることはできません!

それ故、面接対策は事前にしっかりと行っておきたいところですが、

とりわけ、「志望動機」に関してはガッチリと内容を固めていく事をオススメします。

「やりたいことが明確である」「勤務希望の病院のことをよく理解している」

「やりたいこととできることに無理がない」「スキルアップの意気込みがあふれている」

等など、他にも色々とあるかとは思います。

先ず、新しい職場で何を自分はしたいのか?

前の職場ではなぜそれができなかったのか?この点を突き詰めみましょう。

ここにしっかりと理論的な整合性があれば問題ありません。

次に、希望する病院について事前によく調べた上で、

前の職場に比べて何が優れているのかを具体的にリストアップしてみましょう。

ただしこの際、前職が忙しすぎたとか、給料が安すぎたとか、

ネガティブなポイントを盛り込むと評価が悪くなるので気をつけましょう。

とにかくネガティブな発言は控え、常にポジティブな発言を心がけた上で、

話に整合性があれば、必ず面接を成功させることができるはずです。

そして最後には、とにかく熱意を伝えること!

自分が将来的にどんな看護師になりたいのか、熱意を持って伝えましょう。

以上の点を最低限気をつければ、看護師の転職活動も怖いものなしです!

◆参考サイト:http://iryo-de-hatarako.net/